家族でお菓子を楽しんでいます

今日は、お姉ちゃんがお土産でスイートポテトを買ってきてくれました。めちゃくちゃ嬉しいです。いつもお菓子とかケーキとかをみんな週に一回ぐらい買ってくるんです。特に給料日明けとかはみんな買ってきてスイーツを楽しんでいます。この間は、私がアップルパイを買ってきてみんなで食べました。その前はお母さんが豆大福を買ってきたりしてます。これは、昔からお父さんがよく会社で差し入れをもらってお菓子を自宅に持ってきていたのでそれがいつのまにかみんなのお菓子を買ってくる習慣になったんです。弟なんかは、もっとすごくってデートなんかで行った先でケーキとかお菓子をいくつかかって、それを冷蔵パックみたいなので宅配で送ってくるんです。それぐらいみんなでいつもお菓子を楽しんでいます。これは、家族団らんの秘訣でもあるんです。なかなか仕事とか忙しかったりで家族みんなでご飯を食べるのが難しい分みんなでお菓子を食べることっていうのをやっています。おかげで共通の会話で楽しめるから本当に楽しいです。今度、お母さんと一緒に都内に行くので普段は買えないブランドのお菓子をいろいろ調べて買って帰ろうと今から盛り上がっています。

雑学を一つ

なぜスロットマシンにボタンがないの?という素朴なギモン。

所謂パチスロと見比べた時、リールを止めるボタンがあるよねという話。

これは、そもそもボタンがないと遊技機にならないからなんだそうです。

最初、沖縄に米国から持ってきたスロットマシンを国内で売れないか?考えたんだそうで、

賭博というのは「偶然から導き出された結果によって勝ち負けを決めるもの」という概念があるのだそうで、この公平に「偶然からの結果」で構成されるものは賭博なので、敢えて、「偶然でないもの」そうじて「人間の技術介入によって結果の変わるもの」というのが「遊戯」なんだとか。

人間がボタンを押すという行為によって、結果が変わる。これがパチンコの玉を打つのと同じ行為として扱われた結果パチスロもまた「遊戯」ってことになったんだとか。

例えば、パチンコも貯留玉の保留数によって打ち方を変えたり、一球、一球打ち出したり、店側も台の釘を個別に調整したりするでしょ。これらが、すべて「遊戯」として人が技術介入しなければならない構成要件なんだそうです。

野菜高は家庭菜園と野草で

関東地方などでは猛暑続きでしたが、比較的晴れ間の多い8月であったと思います。

しかし、西日本では台風が3個接近上陸するなどもあって、かなり天候不順の8月となっています。

そんな天候不順もあってなのか、野菜の値段が高くなっています。

近所のスーパーではレタスが250円などとあり、ナスやキュウリなども総じて野菜が高くなっているようです。

こうなると、そうそう野菜も買えなくなりますが、冷凍野菜か野菜ジュース、最終手段としてはサプリメントなどということになってきます。

幸い、3回目のグリーンカーテンが順調に伸び、それにともなってゴーヤの実がかなりとれます。

少々苦味のある野菜ですが、熟してオレンジ色になったものは苦味も薄くなり、サラダなどにも使えます。

その他に、畑の雑草あつかいといわれながら、山形県では食べられるというスベリヒユなるものが近くにたくさん生えています。

これが結構美味しく、和物や炒めものとして重宝しています。

この先、野菜の値段が安定してくるまでは、ゴーヤとスベリヒユを利用してやり過ごしたいと思っています。

秋の味覚

DU180_L私は秋と言えば栗やサツマイモ、甘味のあるのが大好き。せっかくだから栗ご飯でも炊きたい所だけど、皮を剥くのが難儀しそうだからと作ってない。皮を剥くと言うより、皮を剥く間に邪魔が入るのが問題なんだよね。

私の娘は3歳と1歳、4歳のわんこもいる。私が台所で支度を始めると、みんなで集まり邪魔してくるの。本当は台所と居間に柵をいれてたんだけど、長女が2歳前に破壊したの。それからは足元にまとわりついてる。

包丁やガス台に届かないからまだ大丈夫だけど、揚げ物は怖くて出来ない。不思議な事に夫が台所にいてもまとわりつかないのにね。

今日はまとわりついでにお手伝いしてもらったわ。長女にはパプリカの種を取るのとニンニクの皮むきで、次女にはサツマイモを洗ってもらったの。長女は完璧にこなしたけど次女は遊んでたね。でも、やらせたら2人とも満足したみたいよ。

娘達が大人しくしてる間に栗ご飯を作ったわ。でもね、ズルして最初から剥けてる栗を使ったけどね。

一人暮らしで倒れると本当に家事が手が回らないんです

私の母親は、色々なことにチャレンジをしています。その年になって色々なことにチャレンジをするのは、とての良いと思って、できるだけ長く続けて欲しいと思っています。

まず母親が始めたのは、水彩画でした。その水彩画については、花を書いたり、部屋の景色を書いたりして楽しんでいたのです。そして書いたものは、私にくれたり、部屋に飾ったりしています。その書いた物をみていると、母親がとても丁寧に書いたということがわかるので、面倒がりな母親が、こんなこともできるのだと、母親の意外な一面をみることもできました。

そして今度、母親が熱中しているのは、色鉛筆画です。それは、すぐに色鉛筆を使ってかくことができるので、色々なところに出かけた時等、自分が見て感動した場所について、ちょこちょこと書いたりしているようです。

それについても、とても上手に書けていると、思うことができます。その色使いや、絵のバランスについて、だんだんと上手になっていく母親を見ると、人間としての成長を感じます。

母親の色鉛筆画

私の母親は、色々なことにチャレンジをしています。その年になって色々なことにチャレンジをするのは、とての良いと思って、できるだけ長く続けて欲しいと思っています。

まず母親が始めたのは、水彩画でした。その水彩画については、花を書いたり、部屋の景色を書いたりして楽しんでいたのです。そして書いたものは、私にくれたり、部屋に飾ったりしています。その書いた物をみていると、母親がとても丁寧に書いたということがわかるので、面倒がりな母親が、こんなこともできるのだと、母親の意外な一面をみることもできました。

そして今度、母親が熱中しているのは、色鉛筆画です。それは、すぐに色鉛筆を使ってかくことができるので、色々なところに出かけた時等、自分が見て感動した場所について、ちょこちょこと書いたりしているようです。

それについても、とても上手に書けていると、思うことができます。その色使いや、絵のバランスについて、だんだんと上手になっていく母親を見ると、人間としての成長を感じます。

運動不足を直したい

JS144_72Aいま、夏バテで体力がどんどん減っているんです。やっぱり、こう毎日暑いとバテやすくなります。

食事も細くなるし、家も出たくなくなるし。ということで、運動を増やそうと今日からウォーキング始めました。これから毎日運動して体力をばっちりつけたいと思います。

でも、早起きをして行ったりジムに通ってというのは私は絶対に続かないと分かってるんです。私が三日坊主の性格なので。だから、三日坊主の私にも続けられるように負担を減らす方法で考えたのが会社の帰りに一駅前から降りて帰宅するっていうのをやろうと思います。

これなら私にも簡単にできますし、学生時代もそうやってしょっちゅう歩いていたので頑張れそうです。でも、社会人になると本当に運動する機会がなくなるのでどんどん太ったり、筋肉なくなったりするのに驚いています。うちのお母さんは体力をつくるためにしっかりスポーツジムでトレーニングをしているので私もやったほうがいいのかな?

なんてちょっとは考えています。ダイエットにもなるし、今度ジムに体験に行くか検討しようと思います。

【広告】
ポスター印刷で何か忘れていないことはありませんか?価格や品質を選んで決めていない人もいるかもしれません。それはとてももったいないことです。今お伝えするサイトはポスターを比較してとても安く提供してくれる紹介するサイトですので一度チェックするのも良いかと思います。
ポスター印刷 激安